a0319840_11462985.jpg




2月19日 午後12時50分

ちゅうが 9ヶ月という若さで旅立ちました。

二ヶ月前にFIPを発症し

後ろ両足が麻痺しましたが

それでも体を引きづりながら一生懸命頑張りました。










a0319840_11481696.jpg


水やご飯が欲しいときは
ニャァ~って口を開け
でも一度も声を聞いたことはありませんでした。
なのに亡くなる寸前に クークーと声を出して鳴いて、
ちゅうの声を初めて聞き 号泣。

足が自由に動いて、
今頃は天国で 3兄弟走り回っているのかな。


[PR]
by sennnokaze0817 | 2014-02-21 14:49 | 我が家の病気猫

a0319840_1316596.jpg


FIPという病気で闘病中のちゅうちゃんが、
何も食べれなくなって今日で5日目
ほんの数日前までは 下半身が麻痺してるなんてわからないくらい
好きなカニカマを取られまいと必死で食べていたのに・・・

体調のいい日と悪い日があって
もう頑張れないのかな っていう日が多々ありましたが、
なんとか持ち越してくれて・・・

何回経験しても別れが辛くって
涙 涙の飼い主に
今は心の準備が出来るように
頑張ってくれているのかな。
そうだったら ごめんね



a0319840_13183263.jpg



こちらの我が儘で 
少しでも長くそばにいられるように願っていましたが、、
今は 12月に同じ病気で逝った兄弟のヒカリとさーちゃんに
少しでも早く迎えに来て 楽にしてあげて欲しいと思っています。
心の準備が出来たのか、出来てないのかは正直 わからないのですが、
ちゅうちゃんの最期が 苦しみのないようにと・・・

[PR]
by sennnokaze0817 | 2014-02-17 14:29 | 我が家の病気猫

わかれ

11月27日に 元気だったへーちゃんが亡くなって、
その後1ヶ月の間に、病気闘病中だった子や、
公園の子たちが立て続けに亡くなり、
ブログも1ヶ月間更新も出来ないままでいました。

まだ写真を見るのは辛いのですが、
今日はヒカリの1回目の月命日ということもあって、
亡くなった子たちの頑張って生きた証を残したいと思います。




a0319840_7335251.jpg



去年の10月 近所の公園に 雨の中10匹が捨てられ、
8匹は保護して里親にでたりしたのですが、2匹が公園に残ったままでした。
残ったこの子が へーちゃんが亡くなった次の日に交通事故で亡くなりました。
早く去勢手術を・・・と思いながら、家の子に手が取られて出来なかったことが、
後悔と 申し訳ない気持ちで 立ち直ることが出来ずにいます





a0319840_7432986.jpg
さーちゃん
  


エイズの4兄妹(♂3匹 ♀1匹)を家に入れ、
最初ヒカリ(♂)が猫伝染性腹膜炎のドライと診断され、闘病生活を送っていました。
その後、さーちゃん(♂)も同じ病が発症し、兄弟2匹で病と闘っていましたが、
先にさーちゃんの方が12月7日午前3時57分に亡くなり






a0319840_8371924.jpg
ヒカリ

その1週間後の14日 午前11時55分に
ヒカリも亡くなりました。
さーちゃんは下半身が麻痺して、
オシッコやウンチがずっと出ていて、自分では感覚がないので、
後ろ足を引きずりながらトイレに行こうとしていました。
さーちゃんもヒカリも甘えたで いつも膝の上で寝てくれたりして本当にいい子でした。
まだ生後半年で、辛く苦しい闘病生活によく頑張ってくれたと思います。





a0319840_8404496.jpg



以前に「耳カット」という記事の中で紹介した銀ちゃん
12月17日にふらつきがみられ、
翌日病院に連れて行こうとしてボラさんたちと捜していたら
すでに亡くなっていました。

享年1歳半






a0319840_8442425.jpg


この子はさーちゃん、ヒカリの兄弟のちゅうちゃん。
ヒカリが亡くなった10日後ぐらいから下半身に麻痺がみられ、
検査の結果、亡くなった2匹と同じ病気でした。

昨日から病が一気に進み、
それまでは後ろ足を引きずりながらも歩いていましたが、
今日は歩けなくなっていて、状態はよくありません
ただ食べたいという気持ちがすごくあるので、
好きなカニカマや、魚を一杯食べさせてあげたい。
今はただただその気持ちでいっぱい

この写真の頃は まだふっくらしていましたが、
今は痩せて 体も小さくて・・・





a0319840_846575.jpg


公園で、まだ元気だった頃のさーちゃん




a0319840_847881.jpg


ヒカリ。
左のキジは兄妹の雌のはーちゃん。
この子は家で元気にしていますが、
体は生後3ヶ月くらいにしか見えず、小さい子です。





a0319840_8474635.jpg


闘病中のちゅうちゃん
[PR]
by sennnokaze0817 | 2014-01-14 12:55 | 我が家の病気猫

立て続けに。

a0319840_15334260.jpg


10月26日の夕方、大きな公園に親子猫が捨てられている と
ボラさんから電話があって 行ってみると、
全く違う場所で 女性からご飯をもらっている猫がいました。
その女性に話を聞くと、
1週間ぐらい前に捨てられたようで 台風の雨の時も ウロウロしてたようです。
人慣れしていたので抱き上げてみると、お腹あたりに違和感を感じ、
そのまま病院に連れて行き、レントゲンと血液検査(外注)をしてもらいました。


a0319840_1536485.jpg


そのまま家に連れ帰り、検査の結果がわかるまで様子を見ていましたが、
ご飯の時以外は 体がだるいようで横たわっている・・・子猫らしい動きが全くない。
といった感じでしたので、まず間違いないのでは・・・・と。

a0319840_15364451.jpg


血液検査の結果、猫伝染性腹膜炎(FIP)
胸水もあって ウエットタイプ

a0319840_15394845.jpg


子猫の場合、
この病気を発症すると 殆どの子が命を落とす恐い病気です。
今までにも何匹もの子猫を看取ってきましたが、、
とても辛い病気で、環境の変化や、ストレスで発病すると言われています。

今はまだ食欲があるので、まだその面では安心ですが、
息が苦しそうで、見ている方も辛く苦しい。

a0319840_1544164.jpg


1ヶ月半前に 4匹きょうだいで入れたこの子(ヒカリ君)も同じFIPで、
今病気と闘っています。

a0319840_15472446.jpg


きょうだい4匹ともエイズですが、
他の3匹は元気で走り回っていて、
ヒカリだけが発病してしまいました。

a0319840_15503374.jpg


FIPと診断され、それでも家に入れた頃はまだ少し元気もあり、

a0319840_15525411.jpg


テレビに興味を持ち、よく観ていましたが、
ここ数日は殆ど元気がなく、連日、病院に行っていますが、
ストレスがかかるので・・・
この病気での延命は 苦しみをながく与えるだけなので、
したくないと考えています。

a0319840_15574525.jpg

[PR]
by sennnokaze0817 | 2013-11-02 17:10 | 我が家の病気猫

ライラじいちゃんの病気

a0319840_7162414.jpg

21日(土曜)の夕方に 食べたものを吐き
それから翌日の朝まで 
水を飲んではミルク色のような物を吐き続けたライラ。


a0319840_7201333.jpg

ライラは、今年の4月に公園に捨てられ、
そばにはキャリーケースが置いてありました。
人恋しいのか、
人が来るとついて回り、抱っこされるとゴロゴロ音をたて、
帰る人をどこまでも追いかけていくので、
家に連れ帰りました。


a0319840_7212751.jpg

去勢がまだ済んでいなかったので、
手術とウイルス(血液)検査をしてもらった結果、
年は10歳以上で、エイズ、白血病のWキャリアでした。
左目も濁っていて、失明寸前だったので、
毎日、目薬を入れ、失明は免れましたが、
酷い鼻づまりは治らず、
病院で月に一回、ネブライザーをしてもらっていますが、
これもどんどん酷くなっています。


a0319840_724775.jpg

22日の朝、病院で診てもらった結果、
急性の胃腸炎かもしれないということで、
吐き止め等の注射2本で様子見で、
それで治らない場合は、
血液検査をしてみましょう。ということになりました。
膵炎の疑いもあるとか。
まだそれほど痛みはないようですが、
口内炎も徐々に進んでいるようです。


a0319840_7351864.jpg

昨日はぐったりして殆ど寝ていたライラですが、
今日は起きたり、少し歩いたりして吐き気も止まっていますが、
まだ何も食べようとはしません(--;)
急には食べれないと思うのですが、
わかっていても・・・心配でたまらない母です。


ライラを家に連れ帰ったときに、
玄関先でライラックの花が咲いていたので、ライラと名付けました。
女の子のような名前が似合うお茶目なライラ。
出来るだけ穏やかに過ごして欲しいと願う母です。

ライラと一緒にいる、茶トラのコマちゃん達も同じ病気を持っていて、
今年は病気の子が多いような気がします。

[PR]
by sennnokaze0817 | 2013-09-23 09:13 | 我が家の病気猫

ハルの病気

a0319840_1113577.jpg

六年前の三月、公園に捨てられていた時の『ハル』ちゃん
ショックのあまりか、何日間はご飯を食べませんでした。
悩んだ末、家に連れ帰ることにしました。。


a0319840_11473439.jpg

家に入れるとすぐに馴れて
ご飯もよく食べてくれるようになり


a0319840_1151478.jpg

遊びにも参加し

a0319840_11532242.jpg

何かをして欲しい時は
母に訴えかけしていましたが


a0319840_124043.jpg

最近は寝ていることが多くなりました。
家は24時間エアコンが効いているので寒がるようになり


a0319840_127484.jpg

a0319840_12202497.jpg

ご飯の量も減ってきたので
病院で看ていただいたところ
口内炎が出来ていました。
痛くて食べれないので注射等の治療をしていただきました。


a0319840_12215956.jpg

何よりも心配は、
ハルちゃんはエイズに掛かっているので、
このまま口内炎だけで収まって欲しいと願うばかりです


名前『ハル』 性別 女の子 年齢 推定10歳前後  性格 とてもよし

ハルは 我が家のエイズ組にて暮らしています。
[PR]
by sennnokaze0817 | 2013-09-02 12:30 | 我が家の病気猫