カテゴリ:外猫さん( 2 )

外猫さんの保護

a0319840_456104.jpg


去年の10月に 近所の公園に10匹捨てられ
8匹を保護(その内の5匹は里親様の元に)
公園に残った2匹の内の1匹は交通事故で亡くなり
最後の1匹がこの茶白ちゃんでした

毎晩ご飯を持って行くと 凄い食欲で
大きな缶詰2缶と 小さな缶詰1缶にかつを棒1本をペロリとたいらげていました。
それが・・・
4日ほど前から全く食べなくなり 目も殆ど開いていない状態



この何日間の最低気温は-3度

天気予報では雪も降り 積もるということでしたので
心配で 一昨日の夜に保護し





a0319840_424199.jpg



風邪の症状と 口の中が酷いようなので
病院に連れて行き、注射等と点滴をしてもらいました

年齢も若くはないようで、
家猫だった?猫が この真冬の寒さを乗り切るのはやはり難しい

ケージに箱を入れて暖かくしてあげると
一日中トイレにも行かずに寝ている茶白ちゃん



昨夜から雪が降り、外は銀世界


東京も大雪だとか・・・
外で寒さに耐え忍んでいる子のことをおもうと
早く春が来て欲しい

[PR]
by sennnokaze0817 | 2014-02-08 05:37 | 外猫さん

苦い経験

今から25年も前のことです。
小さな頃から犬を飼っていて、どちらかというと猫さんは苦手な方でした。

a0319840_14253548.jpg

 
それでも 来るものは拒まず・・・で、(ごきちゃんや怖い虫以外は)
家の庭に来る鳥や猫たちにご飯はあげていました。

a0319840_1437163.jpg


そんなある日、家の中で用事をしていると、どこかから猫の鳴き声がし、表に出てみるとどうも車のエンジン付近から声が・・・
当時猫を触れない私はお隣のお家に駆け込み(お隣も秋田犬とサモエドの大型を飼う犬派)
奥さんとおそるおそるエンジンの所をあけてみると、
なんとも可愛い生後半年くらいのサビ猫が入っていて、
怖がる奥さんにお願いして引っ張り上げてもらい、
素早く地面に置いてあげると 一目散に逃げていきました。


a0319840_1448327.jpg


それから数日経ったある日、
買い物から帰ってくると あのサビ猫が玄関先にちょこんと座っており、
お腹が空いているようなのでご飯をあげたら、
それからは夕方になると ほぼ毎日 玄関先に座って待つようになって、
カリカリに猫カンを混ぜたご飯をあげていました。
ある日買い物に行くと イワシのとれたてが売ってあったので
猫に買って帰り、夕方 ナマで一匹あげたのです。

ところが・・・・・・・・・次の日から全く姿を見せなくなり、
二度とあのサビ猫に会うことはありませんでした。。


a0319840_15403814.jpg


それから何年後だったか、
森繁久弥さんが救急車で病院に運ばれた。
と言うニュースが流れ、耳を疑いました(--;)
ナントお刺身(?だったかな)、を食べ、
寄生虫が胃、腸には入り、腸壁を食い破った!(のようなものだったかな)
アニサキスという寄生虫で、
サバ、イワシ、イカ、タラ等の生魚にいるらしいです。

あの時に、生のイワシをあげてしまった私は、後悔しました。
サビ猫さんに申し訳ないことをしてしまった・・・(涙)


a0319840_1610797.jpg


それ以来、猫さんにナマモノはあげなくなり、
マグロでもチンしてからしか食べさせなくなりました。
まだ少し若い頃の・・・苦い経験です。



アニサキスという寄生虫は、
マイナス20度以下で24時間冷凍すれば死滅するそうです。

[PR]
by sennnokaze0817 | 2013-09-03 21:00 | 外猫さん