不思議な猫、夏花(なつか)とさくら

a0319840_7203968.jpg



上3枚の写真は、去年7月に家猫になった夏花。
(1枚目の写真は保護してすぐの夏花)

7月26日の夕方、ボラさんから電話が入り、
公園にガリガリに痩せた長毛の猫がいるみたいで、
家に入れてもらえないだろうか。ということだったので、
捕まえてもらい、家に入れました。
捨てられて、何日も隠れていたのか、
顔は細く、体は骨と皮で、下痢もしていたのか、
お尻の毛は糞まみれでグチャグチャでした。



a0319840_7211649.jpg


家に入れてからはすぐに慣れ、ご飯もよく食べるようになり、
体にもお肉がついてキレイな猫になりましたが、
プライドが高く、お嬢様気質そのものでした。
私のそばに来る猫を追い払い、自分が一番だと主張した夏花。
不思議なことに、私が口内炎になると、夏花も口内炎になり、
猫の湯たんぽを足に落とし、小指を骨折したときも、
翌日には 夏花もどこで怪我?したのか、足を引きずっていて、
病気、怪我は一緒に・・・って感じでした。



a0319840_7214641.jpg


毎日、夕方の決まった時間に公園に行っているのですが、
ある日、出かけようとすると、夏花が足もとにまとわりついて
いつもより1分程遅く出かけました。
大きな道路を渡り、先の交差点で事故があったようなので行ってみると、
自分が通る所に車が突っ込んでいて
出かけるときに 
夏花がまとわりつかなければ 事故に巻き込まれていたのかも、
と思うと、ゾッとしました。


いつもそばにいる可愛い夏花でしたが、
今年の3月に 白血病を発症し、天に召されていきました。
家に入って、わずか8ヶ月。
毎日、思い出しては泣いていた母でしたが、
ちょうど1ヶ月後の月命日に、





a0319840_8361774.jpg


さくらが我が家の子として入ってきました。
いきさつも夏花の時と似ていて、
偶然にしては何かありそうな気がしていました。


a0319840_8372089.jpg


猫嫌いなところは夏花もさくらも同じでしたが
さくらは夏花のように攻撃するようなことはなく 穏やかな性格。


a0319840_840640.jpg


でも顔や、 なにげない仕草は似ていて、
不思議な気持ちになることが多々ありました。


a0319840_8441770.jpg

それと 夏花とさくらは病気も同じ

a0319840_8573439.jpg

でも先のことは考えずに、

a0319840_858660.jpg


毎日が 穏やかに過ごせることが大事なので、
さくらが好きな 美味しい物が食べれて 
好きなときに好きなことが出来る環境であればいいな。 
それがお世話係の役目かなと思っています。

[PR]
by sennnokaze0817 | 2013-09-28 14:48 | 星になった家猫、家犬