雨の日に捨てられた10匹の猫。その2

a0319840_193428.jpg


捨てられた日の翌日、買い物帰りに公園を通ると、
前日に 草むらでずぶ濡れになっていた白黒の猫を見つけ、
しばらく様子を見ていると、なんと3匹の子猫が出てきました。
白黒は、母猫で、親子共々捨てられてしまったようでした。
公園横の、マンションの駐車場に移動し、
車の出入りの間も 子猫がチョロチョロとしていて、
見ていてこちらの心臓はドキドキ、血圧は上がる感じで、
それにここのマンションのオーナーさんは、大の猫嫌いと聞いているので、
この子たちの安全を考えて、保護することに決めました

a0319840_1101626.jpg


夜の九時過ぎに行くと、あの高校生のお兄ちゃんが公園にいて、
捕まえるのに協力してくれ、お陰で無事、 
親子共々捕まえることが出来、ホッとしました。


a0319840_1124360.jpg


連れ帰ってご飯をあげると よほどお腹が空いていたのか、
どの子もよく食べ、そして朝までぐっすりと寝ていました。


a0319840_12401.jpg


子猫の色合いは、
黒猫と 白黒と 珍しい白こげ茶


a0319840_1273247.jpg


性格は、どの子もおとなしめ。
親子共々、甘えたで、撫でればゴロゴロのスリスリ。
とてもお外で暮らせる猫たちではないということ。



a0319840_13349100.jpg


子猫の写真を撮ろうとすると、
必ず子猫の前に出てきて 邪魔をする、
母性の強い母猫さんです。



a0319840_313425.jpg


まだお乳も吸っているので、
それが終われば母猫の避妊手術の予定と、
先に公園に残ったオス猫の去勢手術をしつつ、
子猫の里親の出方で、オス猫の保護を考えているのですが、
思い通りになるかどうか・・・


a0319840_3547.jpg


おばあさんが最初に連れてきた2匹の子猫は、
知人が貰ってくださることになって、
明日、引き渡しの予定。(動きが速く、写真がなかなか撮れないです)


a0319840_355679.jpg


この公園は、私の家から3分ほどの所にあるのですが、
小さな公園で、エサやりのおばあさんが7月に亡くなり、
その後 私がエサやりを引き継ぎました。
把握している子たちの手術がされていなかったので、
この二ヶ月で手術が完了し、
ヤレヤレと思っていたところの出来事で、
これ以上増えると、
今度は猫に危害が及ぶおそれがあるので焦りました。
どのような事情があるにせよ、
まとめて10匹捨てるのは普通では考えられません。
家猫が、真冬の寒さに耐えるのは難しく、大半が命を落とします。
不幸な猫がいなくなることと、
この子たちが優しい家族に出会えることを願いつつ、
私の腰、手のねんざの痛みがなくなりますように。

[PR]
by sennnokaze0817 | 2013-10-12 04:40 | 保護猫