わかれ

11月27日に 元気だったへーちゃんが亡くなって、
その後1ヶ月の間に、病気闘病中だった子や、
公園の子たちが立て続けに亡くなり、
ブログも1ヶ月間更新も出来ないままでいました。

まだ写真を見るのは辛いのですが、
今日はヒカリの1回目の月命日ということもあって、
亡くなった子たちの頑張って生きた証を残したいと思います。




a0319840_7335251.jpg



去年の10月 近所の公園に 雨の中10匹が捨てられ、
8匹は保護して里親にでたりしたのですが、2匹が公園に残ったままでした。
残ったこの子が へーちゃんが亡くなった次の日に交通事故で亡くなりました。
早く去勢手術を・・・と思いながら、家の子に手が取られて出来なかったことが、
後悔と 申し訳ない気持ちで 立ち直ることが出来ずにいます





a0319840_7432986.jpg
さーちゃん
  


エイズの4兄妹(♂3匹 ♀1匹)を家に入れ、
最初ヒカリ(♂)が猫伝染性腹膜炎のドライと診断され、闘病生活を送っていました。
その後、さーちゃん(♂)も同じ病が発症し、兄弟2匹で病と闘っていましたが、
先にさーちゃんの方が12月7日午前3時57分に亡くなり






a0319840_8371924.jpg
ヒカリ

その1週間後の14日 午前11時55分に
ヒカリも亡くなりました。
さーちゃんは下半身が麻痺して、
オシッコやウンチがずっと出ていて、自分では感覚がないので、
後ろ足を引きずりながらトイレに行こうとしていました。
さーちゃんもヒカリも甘えたで いつも膝の上で寝てくれたりして本当にいい子でした。
まだ生後半年で、辛く苦しい闘病生活によく頑張ってくれたと思います。





a0319840_8404496.jpg



以前に「耳カット」という記事の中で紹介した銀ちゃん
12月17日にふらつきがみられ、
翌日病院に連れて行こうとしてボラさんたちと捜していたら
すでに亡くなっていました。

享年1歳半






a0319840_8442425.jpg


この子はさーちゃん、ヒカリの兄弟のちゅうちゃん。
ヒカリが亡くなった10日後ぐらいから下半身に麻痺がみられ、
検査の結果、亡くなった2匹と同じ病気でした。

昨日から病が一気に進み、
それまでは後ろ足を引きずりながらも歩いていましたが、
今日は歩けなくなっていて、状態はよくありません
ただ食べたいという気持ちがすごくあるので、
好きなカニカマや、魚を一杯食べさせてあげたい。
今はただただその気持ちでいっぱい

この写真の頃は まだふっくらしていましたが、
今は痩せて 体も小さくて・・・





a0319840_846575.jpg


公園で、まだ元気だった頃のさーちゃん




a0319840_847881.jpg


ヒカリ。
左のキジは兄妹の雌のはーちゃん。
この子は家で元気にしていますが、
体は生後3ヶ月くらいにしか見えず、小さい子です。





a0319840_8474635.jpg


闘病中のちゅうちゃん
[PR]
by sennnokaze0817 | 2014-01-14 12:55 | 我が家の病気猫